特集記事

離婚専門の弁護士

パソコンを指さす人

弁護士にもいろいろなタイプがいますが、離婚を専門としている弁護士も存在します。離婚は日本でもかなりの数があるので、専門としてもお仕事が成り立ちます。離婚に特化しているので、離婚にはかなり強いです。

More...

離婚が当たり前の時代

アゴに指を置く男性

昔に比べて離婚が当たり前となってきています。離婚したときにおこる様々なトラブルを解決するために、弁護士を利用してトラブル解決する方も多いで。夫婦間の問題ですが、解決が難しいものも多いので、頼る方が安心できます。

More...

スーツを着た男性

第三者の意見

凶悪なトラブルに巻き込まれたときは刑事事件の弁護士を依頼してみるといいでしょう。決められた時間内なら無料で相談に対応しています。

第三者をくわえるメリット

一度は愛した仲ですので、できるだけ話し合いのもと離婚は避けたいものですが、一度穿たれた夫婦関係というものは、なかなかに修復は難しいものなのかもしれません。そうなると離婚の二文字がちらついてくるわけですが、別れる以上は少しでも有利な条件に持って行きたいのが人の常です。もちろんお互いに言い分もあるでしょうから、ある程度斟酌しながら話し合いをすべきでしょうが、どうしても感情が先走ったりして円滑に進まないことも多いでしょう。そういったときには第三者をくわえると、スムーズに話が進むことがあります。その中でも、法律的にも交渉的にももっとも頼りになるのが弁護士と言えるのではないでしょうか。弁護士であれば、依頼者の利益を第一に考えて行動してくれます。

依頼者に代わって交渉

離婚するにあたって、もっとも揉めることがお金の件だと言われています。共有財産・住宅ローン、慰謝料・養育費、そして高齢の方であれば年金や保険なども俎上に上がってきます。それらをお互いが納得するように分与・支払いを決めるには、やはり法律の知識は必要不可欠になってきます。くわえて有責問題もありますので、適正な慰謝料の価格なども弁護士であれば判断してくれます。弁護士に依頼する他のメリットとしては、依頼者に代わって交渉してくれる点もあげられます。DVが原因で離婚を望む人であれば、配偶者に極力会いたくないものですし、子供がいるならなおさらでしょう。弁護士であれば私的な交渉から、調停・裁判といった公的なものまで面倒を見てくれるので安心です。

オススメリンク

オススメコンテンツ

弁護士を通して行なう

電卓を使う人

離婚をするのが普通の世の中になっていますが、離婚した後のトラブルはけっこうあります。スムーズ且つ円滑に話を進めるためにも弁護士を通して問題解決した方がかなり楽になります。

More...